22世紀の翻訳会社

翻訳のエージェント業

翻訳会社という翻訳のエージェント業

翻訳会社というのは、主として翻訳のエージェント業を行っている会社です。
翻訳のエージェント業というのは、翻訳の注文をしてくるクライアントと、実際の翻訳作業を行う翻訳者との仲介を行うもので、クライアントからの注文を受けて、それを翻訳作業を行う翻訳書に割り当てて、翻訳を完成させ、それをクライアントに納品する、といった一連の翻訳業務を行うわけなのです。
こうした翻訳会社は、自社でも社員の翻訳者を擁しているわけですが、それだけでは翻訳者が足りないために、ほとんどの場合、登録翻訳者というものを抱えていて、自社の翻訳者だけでは捌ききれない分は、その登録翻訳者に仕事を割り振ります。
翻訳のエージェント業 そのようにして翻訳作業が完成すると、その内容チェックを行って、誤訳や訳文の適切さをチェックした上で、完成品に仕上げたものをクライアントに納品するわけです。このために、翻訳会社には翻訳作業を行う翻訳者だけではなく、訳文のチェックを行うチェッカーや、プルーフリーダーと呼ばれる翻訳チェックスタッフが必要となり、これも自社の社員スタッフだけでまかない切れない場合には、外部にその作業を依頼する場合もあります。
このように、翻訳会社は翻訳を依頼してきたクライアントの窓口となって、翻訳作業を完成されて納品を行うまでの全般を管理する、といった仕事をしているのです。

翻訳会社の求人の内容とはどんなもの?

その会社にもよるわけですが、翻訳会社の求人というものは、毎年、行うというものではなく、人員が必要になった際に随時行われる、といったものになっているところが多いようです。
また、翻訳会社の求人というのは、必ずしも正社員としてのスタッフを募集するといった場合だけではなく、フリーランスの翻訳者を確保しておく、といった目的で行われる場合も少なくありません。
そもそも、翻訳作業を正社員である翻訳スタッフだけで賄おうとすれば、場合によっては相当の人員を抱え込まねばならなくなってしまいますし、逆にあまり人員が必要でない時期には、スタッフが余ってしまうといったことになってしまいます。
このために、最低限必要な一定数の要員だけは正社員として擁しておいて、後はフリーランスの翻訳者を確保しておき、自社の翻訳スタッフで足りない分は、登録されているフリーランスの翻訳に仕事を出す、といった方式で業務を行っているところがほとんどなのです。
このように、翻訳会社の求人というものは、大きく正社員としての人材と、実際に翻訳作業を行わせるフリーランスの登録翻訳者としての人材、というように分けられる、ということができるでしょう。
正社員である翻訳会社のスタッフは、翻訳の実作業よりも、翻訳プロジェクト全体の管理を行って、翻訳の実作業はフリーランスの契約翻訳者に任せ、出来上がったものをチェックし、問題箇所を修正して完成させ、クライアントに納品する、といったマネージメント業務を行っている、といった場合が少なくないようです。

「翻訳」に関するおすすめリンク

官公庁や大手企業から高い評価を得る翻訳会社のサイト

翻訳会社

menu contents

『翻訳会社 求人』 最新ツイート